富士山が世界遺産に




2013年4月30日に大きな発表がありました。
2013年6月に富士山が世界遺産に登録されます。
自然遺産ではなく、文化遺産での登録です。
この富士山の世界遺産に登録されるニュースは大きく報道されました。
より多くの観光客が富士山を訪れるようになり、富士山周辺の観光地は潤うでしょう。
ただ個人的な意見を言わせてもらうと登録はされない方がよかったと思います。
富士山周辺の登録は賛成ですが。富士山自体の登録は反対です。
現在、夏の登山シーズンになると登山道が渋滞になりほとんど動かなくなったり、山頂が満員電車の様に登山客ですし詰めになったりします。
つまり世界遺産に登録される前から富士山の登山客は多すぎて許容量を超えています。
この飽和している状態にも関わらず、世界遺産の登録により更に登山客が増えると環境の破壊や事故の可能性が高くなります。
また人が多すぎるため人が居ないシーズンの登山客も増えるでしょう。
人が居ないシーズンの登山は命の危険が高くなります。
世界遺産登録に伴い環境保護と登山者の安全を確保するため、入山制限のためにも高額な入山料を徴収すべきだと思います。



(C) 2017 富士山の画像・写真 集(無料)